頭の変形(斜頭症・絶壁頭)に関してよく頂く質問

斜頭先生に質問しよう!
絶壁、斜頭に関する疑問・質問を、お気軽にお寄せ下さい。
質問内容によっては、リカルド・ハーン医師に直接ご回答頂き、
その内容を、日本語に翻訳してお伝えします。
(※回答まで少々お時間を頂く場合がございます。)
ご質問は、こちらからどうぞ

頭の変形(斜頭症・絶壁頭)は自然に治らないのですか?

自然に治るケースもあります。
ラムダ縫合が閉鎖する前に発見出来れば、TOTS(トッツ)テクニックで、正常な頭の形に戻すことが出来ます。

しかし、早期発見出来ても自然治癒が不可能で、頭の形を整えるためにヘルメット使用を余儀なくされるケースもあります。

どの程度進行すると、顔面奇形や発達障害・行動障害が起こるのでしょうか?

斜頭症が発達障害を引き起こすという臨床的研究はありません。
斜頭症が重症になると、発育にも問題が生じるらしいということしかわかっていません。

鼻と耳の距離が同じであれば、絶壁の心配はありませんか?

ほぼ心配はありません。
しかし、平坦面が後頭部の中央にあることも考えられます。

これですと鼻と耳の距離は同じになりますが、後頭部が通常よりも平らになります。
幸いこのケースはわかりやすいので、ご両親でも簡単に発見出来ます。

子供が斜頭症かも知れません。どうしたら良いでしょうか?

お子さんに斜頭症の疑いがあるようでしたら、すぐにかかりつけの小児科医を受診してください。
早期発見出来れば、その分、簡単に頭の形を戻すことが出来ます。

セカンドオピニオンのためにも、主治医の先生や私どもに遠慮なく専門医の紹介をお申し付けください

また、抱っこやおすわりの際は、必ずTOTS(トッツ)テクニックを実践しましょう。

絶壁頭治療は美容整形ではないのですか?

絶壁頭は単なる美容外科的問題ではないことが明確になっています。
ただの美容外科的問題として片付けてはならない、深刻な問題です。

「変形性斜頭症は自然に治るもの」と誤解している臨床医は非常に多く、SIDS予防を至上命令とするあまり、斜頭症はないがしろにされがちです。
私は、これが色々な意味で見当違いなアプローチだと考えています。

まず第一に、AAPの奨励する"仰向け寝"と共に導入可能な、単純な予防テクニックがあるにもかかわらず、適切な情報がご両親に伝わっていません。
また、斜頭症は自分で治せるような、美容外科的症状ではありません。

お子さんに、ヘルメットやバンドなど不快な装置を取り付け、強制的に矯正する必要があることからもわかります。

頭症治療はお金がかかりますか?

残念な事に、斜頭症の矯正治療はお金がかかり、最低でも3000ドルは掛かります。
保険が適用されたとしても、制限を設けている保険会社がほとんどです。

予防法のTOTS(トッツ)テクニックは、無料で誰でも簡単に出来ます。
正しく実行すれば、99%の確率で頭の変形(斜頭症・絶壁頭)が予防できます。